角野栄子に関する名言集・格言集

■ この名言ページの総閲覧数:837PV
■ 現在の総登録名言数:125,864語
■ ~日本最大級~ 名言・格言は毎日どんどん追加中! 
kadonoeiko

角野栄子(かどの えいこ)
出身:東京都
生誕:1935年1月1日
童話作家、絵本作家、ノンフィクション作家、エッセイスト
引用:waseda.jp

名言を投稿する






※個人名での名言は発言者を変更させていただいております。

角野栄子

魔法はね、欲しい欲しいと思って探しあぐねても見つからない。たくさんの出会いの中で自分はこれが好きなのかも、と言えるものを見つけるには、日ごろからいろんなことに興味や好奇心を持ったり、本を読んだりと、生き方のトレーニングみたいなものをしておかないと

この名言・格言に1票を!

+4
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

私にとっての魔法は”書く”ということだった

この名言・格言に1票を!

+24
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

(「魔法」とは何?)手に入れることで常に生き生きとしていられる、生きる力になるもの

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

今回(実写版)は人間が演じるからこそ感情移入できる部分もあると思うし、キキと同じ13歳の子たちの目にどんなふうに映るか、とても楽しみ。何よりキキを演じた小芝(風花)さんが素晴らしい

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

原稿を書くときは絶対に無音じゃないとだめなのよ

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

娘がね、魔女が色々なことをしている絵を描いたことがあったの。その中にホウキから赤いラジオがぶら下がっていて、三つ編みのリボンが結んであって。三日月に向かってホウキに乗って飛んでいるシーンがあったのね。これを見た時に『ラジオを聴きながら空を飛ぶ魔女』というアイデアが珍しいし、すごく面白い!と思ったのよね

この名言・格言に1票を!

+16
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

最近のオリンピック関連のデザインはちょっと物足りないというか、イマイチねって思ってしまうの

この名言・格言に1票を!

+37
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

亀倉雄策さんや田中一光さんが手掛けた、1964年東京オリンピックの広告も好きでしたよ。グラフィックデザイナーの皆さんが表舞台に出るようになって、すごく活気づいていたのをよく覚えています

この名言・格言に1票を!

+4
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

デザインが美しい海外の雑誌が大好きで、学生時代からデザインの仕事に憧れていたの。でも専門の勉強はしていなかったから、まず紀伊國屋書店に就職して。本の装丁を手掛ける、ブックデザイナーになろうと思っていたのね

この名言・格言に1票を!

+4
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

実はね、文章を書くことにまったく興味はなくて。学生時代はデザイナーになりたかったのよ

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

実写映画はミュージカルを手掛けたスタッフの長年の夢だったの。原作を愛してくれる人、アニメ映画が好きな人、それぞれのファンの皆さんが見たら実写化に対して複雑な思いはあるかもしれない

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

1989年に宮崎(駿)さんの手によってアニメ映画化されて一番良かったなと思うのは、世界中の皆さんの元へキキとジジが羽ばたいていったこと。タイトルは『Kiki’s Delivery Service』だった。日本の童話が世界中で翻訳されて出版されるのはとても難しいことでしょう?原作者としてアニメの人気ぶりにはすごく驚いたけど、やっぱりうれしかったわね

この名言・格言に1票を!

+1
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

まず読んでください。面白いと思います。やめられなくて、ずんずん読みたくなると思います。私はそれを信じて、書き続けてきました

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

(自分の持つ魔法に気づくのはどんな時?)好きなことを見つけることです。それは本当に好きなことです。役に立ちそうというような、効率的なものではなく

この名言・格言に1票を!

+2
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

もちろん飛べたらいいなと思います。でもできないとおもったら、そこでおしまい。飛べる方法はあるのです。それは想像することで出来るのではないでしょうか。そこから見えてくるものは、きっと日常と違う物語が詰まっているような風景だと思うのです

この名言・格言に1票を!

+1
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

実写映画では、カバを運びます。動物ではカバが大好きですから、はこんだら、どんなことになるか、面白いお話になりそうと思って書きました

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

この先に見えるものはなにか、この先自分が出来ることはなにか、今度は何をしようかと考えるのは、わくわくします

この名言・格言に1票を!

+1
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

(「贈りもののふたをあけるときみたいにわくわくした」体験をされたことってありますか)もちろんあります。この年になるまで、ずっとそういう気持ちで生きてきたと思います

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

書いているとき思い浮かべる登場人物は、絵ではなくて、実体のある

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

これからも「贈りものを開けるとき」のような気持ちで、毎日を過ごしていきたいですね

この名言・格言に1票を!

+1
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

私も自分の“魔法=書くことが好き”が分かったのは35歳の時。あまり人と自分を比べたりせずに、自分がいきいきできることを見つけることが大切だと思っています

この名言・格言に1票を!

+2
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

自分の魔法を見つけるのに大学4年間で見つかる人もいれば、卒業後10年かかる人もいるかもしれない。だけど魔法を見つけるコツは、あります。同じことを繰り返してもあきないことが、自分の好きなこと。その好きなことこそが自分の魔法です

この名言・格言に1票を!

+2
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

魔法はすなわち、その人の仕事。その人そのものを表すものだと思います

この名言・格言に1票を!

+1
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

私の描く魔女は、ハリー・ポッターのように呪文を操っていろんな魔法をつかえるようなすごい魔女じゃありません。自分にできるたったひとつの魔法を大切にして生きている魔女です

この名言・格言に1票を!

+4
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

35歳でルイジンニョ少年の物語でデビューしてから、その後『ネッシーのおむこさん』、『ビルにきえたきつね』の2冊で作家として活動を始めるまでに7年の時間がかかりました。自分が見たもの、感じたものすべてを自分の中に“ことば”として取り込むのに、7年という時間が必要だった

この名言・格言に1票を!

+3
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

書くことが好きなんだ、とわかってからはどんな時でも書くことが苦じゃなくなった。主婦としての仕事をしながら、物語を書きためていきました

この名言・格言に1票を!

+2
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

やっと龍口先生がおっしゃった言葉の意味がわかったの。なるほど、翻訳がダメということではなくて書く方が向いている、先生はそうおっしゃっていたのか…

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

原稿を書いても書いても、何度も書き直しの連続。でも楽しかった。机に向かってうんうん唸りながら「ああ、私は書くことが好きなんだな…」と実感できた仕事でした

この名言・格言に1票を!

+1
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

世界の子どもたちをノンフィクションで紹介する本を作る企画で、私はもちろんブラジルの子どもの担当。そうして生まれたのが『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』なのです

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

25歳でブラジルに移住。働き先も、住むところも何も決まっていない状況での渡航でしたが、全く不安はなかった。『魔女の宅急便』の主人公のキキが魔女の修行に出かける夜に言った台詞と同じ気持ちでした。「贈りものを開けるときみたいに、わくわくしているわ」

この名言・格言に1票を!

+2
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

大学卒業後は、出版社に勤務。やっぱり外国への思いが捨てきれず、夫と共にブラジルに移民として、渡航することを決めました

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

(龍口直太郎)先生がこうおっしゃたんです。「あなたは翻訳をやらないで、自分で書きなさい。その方がいい」。後になってみると仕事の方向性を導いてくださっていたのですが、当時は「翻訳家には向いていない」と言われたと思い、がっかりしました。英語の勉強を続けるうちに「日本人と外国人をつなぐ仕事がしたい」と思うようになっていましたからね

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

本や映画のことも、わくわくしながら話していました。映画や本を通して生きていることのぬくもりを実感していた学生時代でした

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

私が大学に入学した時は、日本という国が何もかも大きく変わろうとしている時代でした。だから日本人としてどうこれから国を支えていくのか、まず自分たちが考えなくてはいけない、とよく話していた

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

サークルの仲間や授業クラスの友だちもできると、早大生としての貫禄も少しは出てくるようになりました(笑)

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

暑いですね、水になって、小川に流れこみたい気分です

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

時間ってどうして、こういつも走っているのでしょう。追いかけるのが大変!

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

戦争というものは、まず食べ物に現れる。普通にあったものが、あっという間に姿を消していった。どうか想像してください。豊かにおやつのあった日々から、まったくなくなるまで、わずか二、三年、いや二年ちょっとのことだった

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

これだと思ったらとにかくコツコツやってみる。好きなことを続けていれば、それが生きがいという魔法となり、自身を支えてくれる

この名言・格言に1票を!

+4
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

日常的なことから心が自由になるように。そして「これから私は童話を書くんだ」と思わない、そして「だれにも見せない」と思うこと

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

本は扉を開けて違う世界に入って行くもの。そして本の終わりは閉まるのではなく、そこからまたさらに別の扉が開く

この名言・格言に1票を!

+3
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

頭で考えたり、計画したわけではない、自分の中からふと飛び出してくる言葉。それを私は大切にし、何より信じて物語の中で使っているんです。意味があるかどうかなんて深く考えずに使ったそれらの言葉は、なぜか不思議とお話に取り込まれていき、今回、また大切な意味を持って再び現れてきました

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

誰でも魔法をひとつは持っているんです。空を飛べたり、姿を消したりすることはできなくても、自分が好きなことで生きられれば、それは魔法になる。そんな気持ちを込めて、私はこの物語(「魔女の宅急便」)を書き続けてきました

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

ファンタジーと呼ばれるけれど、この物語(「魔女の宅急便」)は限りなく普通の話

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

最終巻の中でも、キキは読者のみなさん同様、悩めるお母さんをやっていますよ(笑)

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

発売当初からこの物語(「魔女の宅急便」)を読んでくれた方たちは、もうお母さん世代。みなさん、独り立ちや結婚などの節目をキキと一緒に迎え、すごく幸せなことに主人公と読者の気持ちが強く結ばれた作品になりました

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

24年も続いたものですから、もう自分の中に住んでいる人でしょ。キキもジジも。別れるのは淋しかったですね。〝完〟って書いた時は感無量でした

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

童話を書くんじゃなくて、自分のこころに浮かんでくることを書けばいい

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

好きなことを続けていれば、それが生きる力に変わっていく

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

自分がもっている魔法を早くから見つけることができる人もいるでしょう。何年もかけて見つける人もいれば、いまだに見つかってない人もいる。でも、誰もがきっと一つの魔法をもって生まれてきている。それを信じることです

この名言・格言に1票を!

+1
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

キキがもっている空を飛ぶという魔法。それは、バイオリンが弾けるとか、絵が上手に描けるとか、そういうものとまったく同じなのです。人はみんな、自分に与えられた魔法を持っています

この名言・格言に1票を!

+1
『マルチョン名言集・格言集』

角野栄子

「もしどんな魔法でももらえるとしたら、何がほしいですか?」そう聞かれたら、「もう何もいりません」と私は答えます。だって、私には物語を書くという魔法がありますから

この名言・格言に1票を!

0
『マルチョン名言集・格言集』

トップページ , 名言 0.0 0.0 52 52 魔法はね、欲しい欲しいと思って探しあぐねても見つからない。たくさんの出会いの中で自分はこれが好きなのかも、と言えるものを

~Manabi~記事

その他の名言

世の中にある様々な名言や格言集をどんどんご紹介しております。優れた経営者や科学者、哲学者・恋愛、人生、幸福など新ジャンルもどんどん追加しておりますので、名言辞典としてご利用いただけます。

格言テーマを募集中

当サイトではこういうテーマの名言を掲載して欲しい、この人物の名言や格言集を掲載して欲しいといったご要望にお応えしております。

もし取り上げて欲しいといった人物等ございしたらお問い合わせフォームよりお送り下さいませ。弊社で調査を行い掲載可否を判断させていただきます。

言葉や格言集

ページ上部へ戻る