前厄・本厄・後厄…。どのタイミングでも控えるべき?


厄年は誰であっても必ず訪れるものですが、厄年に結婚や出産をするのは控えた方がいい?

それとも全く厄年を考慮する必要はない?

これは人それぞれ意見が分かれるところだと思いますので
当サイトではアンケートを取り、実際に厄年で結婚された方、出産された方の声をご紹介させていただきます。

  • 【女性の厄年の年齢】
  • 前厄…18歳、32歳、36歳、60歳
    本厄…19歳、33歳、37歳、61歳
    後厄…20歳、34歳、38歳、62歳

  • 【男性の厄年の年齢】
  • 前厄…24歳、41歳、60歳
    本厄…25歳、42歳、61歳
    後厄…26歳、43歳、62歳

なお下記に記載している年齢はご回答をいただいた方の現在の年齢ではなく、ご結婚やご出産をされた年齢を記載しております。


25歳(男性)

男の厄年の26歳で結婚したものです。こちらは数え年なので実際にしたのは25歳になりますね。近くの神社に男女の厄年についていつも大きな掲示がしてあるので、厄年というものの存在は知っていたものの、だからお祓いをするとかそういった意識は自分も妻もまったくありませんでした。

さて結婚が決まった時に妻側のおばあさまから「厄年のお祓い」が済んでいるかどうか訪ねられ、特に意識していなかったと答えると大事なことだからきちんと神社でお祓いを受けた方がいいとのアドバイス。妻とも相談し、慶事の前の事だから「やれることはやって置こう」という話になりお祓いを受けることになりました。

近くに大きな神社があったのでそちらに問い合わせると、特に予約などは不要でお祓いをやっているというので後日妻と二人で訪問してきました。お祓いにおける初穂料は3,000円ほど。時間は30分ほどで終了しました。

ご祈祷していただいた甲斐があったのか、今のところ大病などを煩うこともなく健康に過ごせています。私や妻の次の厄年の時もまたご祈祷を受けに行きたいと考えております。



36歳(女性)

36歳のときに、第二子を出産しました。「厄年に出産すると、厄払いになる」と聞いていたので、神社などに行くこともなく、子どもが厄を払ってくれたと、今までずっと思っていました。逆子になりましたが、臨月に入ってから逆子も元に戻り、自然分娩できましたし、待望の第二子だったので、特に悪いことは起こらなかったという印象です。

二人目ということもあり、すごく可愛くて、育児も余裕を持って取り組むことができました。ただ、私の関心が、二人の子どもだけに向かうようになって、夫婦関係はここから冷えていったという印象はあります。私にとっては、不幸ではないですが、家庭の雰囲気は悪くなったのかもしれませんし、それが子どもたちに影響を与えていたのかもしれません。

夫や子ども二人が順番に、精神的に不安定になった頃があり、私も苦しかったですが、14年ほどたって、今年はやっと暗いトンネルから抜け出たような気持ちでいます。長い厄が終わったのかもしれませんね。



31歳(女性)

数えで32歳の時に第一子となる長女を出産いたしました。厄年は体の変化が大きくなると言われている年齢。さらに初産が重なったと言うことも有り、私の実母が色々心配をしてお祓いを進めてくれるようになりました。少しお腹も目立ち始めてきた時期でしたので、まもなくやってくる出産の安産祈願も兼ねてお祓いに行くことを決めました。

大きめの神社に行ったのですが、同じ時刻にお祓いを受ける人が結構多かったのには驚きました。受付で祈祷料をお支払いしご祈祷。後は帰りにお札を頂いて終了となりました。その後も母が何かと心配をしてくれ、厄除けのお守りやらブレスレットやらを購入しては渡してくれました。お守りに関しては本当はいけないんでしょうが安産祈願の物と厄除けの2つを持って出産に望み、無事に出産という大仕事を終えることが出来ました。きっとご祈祷とお守りの御利益があったのだと今でも信じています。



32歳(女性)

数え年32歳で結婚をし、数え年33歳で出産です。前厄で結婚をしましたが、特に気になるような事は無く、厄払いに行った方がいいかなと思いつつも結局行っていません。ですが、結婚後もすぐに妊娠が分かり、幸せな日々を送っています。前厄や厄年の時よりも、その前年と2年前に身内が亡くなり大変な事が色々とあったせいか、逆に厄年の時には何も起こっていません。

厄年だからどうこうっていう事は無いと思います。私の友達にも前厄や、本厄で結婚・出産をした友達が何人もいますが、厄年に出産すると子供が一緒に厄を落としてくれるから厄は来ないという話を何度も聞きました。実際に厄年だから事故にあったとか、大変な事が起きたという話は聞いていません。厄年は身体の変化が起きやすい時期だから、今まで以上に健康などに気を付けましょうという意味で捉えています。



41歳(男性)

42歳の時に5年付き合った女性と結婚しました。比較的厄年を気にするタイプで本厄だった事もあり、正直もう少し結婚は待つべきかなという気持ちはあったのですが、当時付き合っていた女性と結婚の話をしていて、今しかないと思い結婚に踏み切りました。元々神社に厄払いは言っていたのですが結婚を決めたことで普段身につけられる厄除けのブレスレットがあることを知り、購入してから厄年が終わるまでは肌身離さず着けていました。

今は結婚してから3年になりますが子供も授かり、特に不運に見舞われることなく家族三人で仲睦まじく生活しています。ちなみに厄除けのブレスレットは通販で買いました。どこで買ったかは忘れましたがパワーストーンのブレスレットです。



32歳(女性)

私は32歳で出産をしました。初めての出産で、とても精神的にドキドキと不安な日々でしたが特に何も問題はなく、出産もとても安産でした。しかし、出産後、なかなか胎盤が出ずに手でかきだされ、その後も自分の体調がおかしく更年期のような症状になり寝たきりの日々が始まりました。それからも義母の過剰な干渉も重なり毎日精神的にも体力的にもどん底の日々で、主人とも喧嘩も絶えず、実家に帰り離れ離れの生活をしていました。

なかなか体も戻らず、めまい、リンパの全身の痛み、吐き気、寒気、冷え、子宮の戻りも悪く、そのうえその年は大雪に見舞われ病院にも行けなかったり散々でした。このまま死んでしまうんじゃないか、もしくはこのまま普通のからだに戻らないんじゃないか、精神的にも姑に追い詰められ地獄のようでした。

よく、厄年に出産すると厄を産み落としてもらえると、喜ばれるのですが、わたしはそんなことはありませんでした。もちろん厄払いもいきましたが効果がありませんでした。しかし、二年が経とうとしている今、厄が終わったのか、体も戻りつつあり、姑ともなぜかうまくいくようになり、からだもこころも落ちついてきました。厄が原因なのかは分かりませんが、からだには自信があった私が厄年に出産してからだが弱くなってしまったのは事実です。



33歳(女性)

33歳の時に、第二子を出産しました。厄年ではありましたが、厄払いはせず、安産祈願には行きました。私の住んでいる地方では、出産することで、厄落としになると実母に言われ、特に気にしませんでした。しかしながら、第一子の時は、妊娠中も大変順調で特にトラブルもなく、臨月に入り、すんなり生まれたのですが、第二子の時は、妊娠5か月で切迫流産と診断され、寝たきり生活を送りました。

トイレとお風呂以外は起き上がることを許されず、張り止めの薬を飲んでとにかく安静にして過ごしました。無事に臨月に入ったものの、大風邪をひき、咳がとまらず、そのせいかどうかわかりませんが、予定日より3週間ほど早く生まれてきました。低体重でしたが、幸いなことに保育器にも入らず、無事に退院できました。今考えると、これも厄年のせいだったのかなと思います。



34歳(女性)

私は34歳の後厄の時に初めての出産をしました。その時は特に厄年に出産することについては何も気にしていませんでした。自分の親や主人の親も特にそれについては何も言いませんでした。というのも、私が初めての子供を妊娠したのは結婚してから7年もたった時だったこともあり、厄年の事よりも高齢でなかなか子供が出来ないことのほうを私も周りも心配していたので、厄年であれ、子供が出来たことをみんな喜んでいたからです。

また出産も出産後の私と子供の体調も特に何も問題がなく、むしろ安産でした。私の周りのママ友達も同じ年齢で出産している人がとても多いので、今はあまり厄年で出産することに抵抗がないのかもしれません。確かに若くして出産した人に比べれば体力的には子育てを大変に感じたこともありますが、精神的にはむしろ色々な経験を経て落ち着いて子育てが出来たので、厄年とはいえこの歳で出産したのは良かったとも思っています。



31歳(女性)

私が2人目の子供を妊娠した時が31歳で、予定日は翌年32歳。その時は特に厄年のことは何も思いませんでした。でもお腹がだんだん大きくなるにつれ周りにも「厄年の出産なんだね」と言われたりして、気になりだしました。厄年にはあまり何かをするのは良くないと聞くけど、産むのを延ばすわけにもいかない。

仕方ないけどなんだか縁起が悪いような気がして気が晴れませんでした。そんな時、今は亡き祖母と話をしていると「この子はあんたの厄年に産まれるんだね。厄年の出産は厄を産み落としてくれるから縁起がいいんだよ。」と言われました。そう言われると「そっか、産み落とすから厄も落ちてくれるから縁起がいいんだ!」ととても気が楽になりました。

そしてその年の厄参りでは安産もお祈りし、翌年出産を迎えました。とても安産で元気な男の子が無事産まれました。その後も順調に育ってくれて厄年ながら何一つ悪いことは起こりませんでした。厄年というと何かと不安になりますが、出産に関しては厄落としと考え、あまり案じずに迎えてもいいのでは、と自分の経験から思いました。



32歳(女性)

32歳になってすぐに第一子となる男の子を出産しました。実は自分の誕生日が節分の前日ということもあり、正直厄年の年が曖昧なのでそれまではあまり気にしていませんでした。(神社により数え方が異なり、1月1日~節分までに生まれた人は前の年とみる所や誕生日にかかわらず生まれた年で見る所など)ですが出産前のお正月にいつも行く神社へ初詣に行った際、そちらの神社では自分が本厄の年であることを知り、急に心配になりました。元旦で混んでいましたが、並んでその場で厄払いをしてもらいました。厄除けのお守りを頂きました。

実母からは「出産が厄払いになるから丁度いい」と言われましたが、気付いてしまってからは何かあったら、と心配でした。しかし出産が2月だったので心配する期間も2ヶ月で済み、結果無事に出産することが出来たので「厄落としが出来た」と思い、それ以降の日々は後厄含め気にせず過ごすことが出来ました。



33歳(女性)

私が結婚したのは33歳のお誕生日。思い切り本厄でした。私は厄年とか信じるタイプだったのですが付き合ってる彼が全く気にしない方だったので前厄の時にプロポーズされ、本厄の時に結婚。プロポーズされた時は厄年というのは完全に忘れていたのですがプロポーズを快諾してから気になりだし、彼にもそれは言ったのですが、そんなの全然どうでもいいと言われ…。

厄祓いは済ませていたのですが、やはり結婚は人生の一大イベントなので占いに行って結婚しても大丈夫か占ってもらいました。また厄除けのブレスレット、当時一人暮らしをしていたので厄除けグッズを玄関に置いたりとかなり気を遣いました。

結婚をしてから6年ほど経ちますが夫婦関係も良好ですし、あのタイミングで結婚できて良かったです。厄祓いや厄除けグッズの効果があったかどうか定かではありませんが、私のように気にする方は何かされた方がいいように思います。もししなかった後悔しますし、後でそう思っても後の祭りですし、そういう行動を起こして人生を狂わさないで済むなら安いものだと思います。



36歳(女性)

数えで前厄に当たる36歳の時に出産をしました。出産が厄払いになると聞いていたこともあり、厄払いなどはしませんでした。妊娠中は良く情緒不安定になると聞きますが、私の場合はストレスのない安定した精神状態で日々過ごすことができました。出産時も出産後も特に大きなトラブルはなく、もちろん大変なことはありますが幸せな日々を過ごしていると思います。出産後は忙しい日々なので厄年のことはすっかり忘れていてその後の歳も厄払いはしていません。

33歳が本厄に当たる歳には厄払いをしましたが、その前厄から後厄までの三年間、一つ一つは小さなことですがいろいろとついていないと感じることが多かったのでそれを考えてみると、もしかすると出産が厄払いになったのかもしれません。その頃厄年なんだなと思うことが多かったですが、今は厄年のことは全く意識しないで生活できています。



36歳(女性)

36歳の前厄の時に結婚。その時に夫も41歳の前厄で二人とも厄年はあまり気にしない方ですが結婚をしてから色々と細かなことで揉め出し、不和が続いていました。最初は特に厄年とかそれが原因だ…なんて思わなかったですけど、ある日友人に厄年のせいかも?と言われ、すごく不思議だったのですが、その時に何となくそうだという感覚になり夫婦二人で厄払いに行こうと誘ったのですが夫は頑なに拒否。

仕方なく私だけが厄払いに行き、それからネット通販で厄除けの携帯ストラップも買って過ごし始めてから夫婦の不仲が解消されていきました。厄除けや携帯ストラップのおかげで…とは断定できませんが分かりやすく家庭の空気も変わったのでこのおかげかなって個人的に思っています。

読んでおきたい記事

有名スポット

おすすめコラムまとめ

おすすめの言葉

  1. 仕事の名言集仕事で結果を生み出す為の…
  2. 恋愛の名言集叶えたかった恋を手に入れる…
  3. 努力の名言集努力は誰かの為になる名言…
  4. 感謝の名言集感謝の重さを知る言葉…
  5. 松下幸之助の名言集経営の神様と言われる…
  6. スティーブジョブズの名言集天才経営者の言葉…
  7. マザーテレサの名言集無私の精神を貫いたマザーテレサ…
  8. 相田みつを名言集多くの方が共感する心に響く言葉
  9. 人生の名言集人生を探る為の格言…
  10. 成功の名言集成功の為に必要な心に残る言葉の数々…
  11. ワンピースの名言集ワンピースを手にした者は海賊王の称号ととも…
  12. 謙虚の名言謙虚の大切さを教えてくれる珠玉の言葉集…
  13. マツコ・デラックスの名言集コラムニスト、エッセイスト…
  14. 北野武の名言集日本のお笑いタレント、映画監督、俳優…
  15. スラムダンクの名言集高校バスケットボールを題材にした漫画…
  16. 恋愛の名言集恋愛に関する役立つ言葉の数々…
  17. 本田圭佑の名言集本田圭祐といえば…
  18. 自信の名言集自信を得る為、失わない為に…
  19. 英語の名言集有用な英語の名言やフレーズなど数々の人に教えたい言葉…
  20. 勇気の出る言葉打ちのめされ勇気が欲しい…
  21. 壁を乗り越えるの名言集立ちはだかる壁を突き破る為に…
  22. アンパンマンの名言集アンパンマンの響く言葉…
  23. ウサイン・ボルトの名言集最速ウサイン・ボルトの名言…
  24. ハリーポッターの名言集J・K・ローリングによるファンタジー小説…
  25. 渡辺和子の名言集愛が溢れる数々の言葉…
  26. 徳川家康の名言集安土桃山時代にかけての武将…
  27. 漫画の名言集話題のアニメや漫画…
  28. 瀬戸内寂聴の名言集天台宗の尼僧…
  29. ドラえもんの名言集ドラえもんが誕生するのは2112年9月3日…
  30. イチローの名言集プロの仕事を身につける
  31. 松岡修造の名言集元気をもらう響く名言集…
  32. ポジティブな言葉や名言集きっと前に進めば何かがあるに違いない…

他コラム

Twitter・Facebook配信中

当サイトは毎日有益な情報を配信しており、TwitterやFacebookなどSNSアカウントも発行しており、記事の更新と連動しておりますので是非フォロー等していただければ幸いでございます。

ページ上部へ戻る